弁護士と結婚したい方必見!出会い〜結婚するまでの方法

法律の番人でもある弁護士は堅いイメージがありますが、最近ではテレビにも出演したりCMでも見掛けるようになり身近に感じるようになったのではありませんか?

六法全書を見れば想像もつきますが、あれを全て網羅しなくてはならず、簡単になれるものではありません。

そんな弁護士になるには、勉強あるのみで「力があれば弁護士への道は開ける」もの。勤勉で真面目なイメージも強く、夫として理想に考える女性も多いでしょう。そんな弁護士と出会い、結婚するにはどうすれば良いのでしょうか?

結婚するなら弁護士!と決めている人に結婚アドバイザーの視点からどうすれば弁護士と出会い結婚できるかをアドバイスしていきましょう。

司法試験が2006年に改正されてから、弁護士を目指す人も司法試験に合格し弁護士になる人が鰻登りに増えました。


ズバット 結婚サービス比較

弁護士の経済状況

過払い請求が出来るとCMでも話題ですが、これを専門に行う弁護士は非常に年収も良いですし、法人を相手にしている弁護士は多忙で自宅にも帰る時間がないなど「弁護士」でひとくくりで考えられないのが実情です。

「弁護士と結婚すれば経済的に安定感がある」そんなイメージがありますね。40歳で1000万稼ぐ弁護士となれば、法人のパートナーとして働いている場合。

全ての弁護士が高収入とは限りませんし、それだけに大変な面もたくさんあります。

弁護士になるまでは並々ならぬ努力が必要ですから、寄り添い支えになれるような女性であるべきだと思います。

弁護士と結婚した時のメリット&デメリット

弁護士と結婚した時メリット

弁護士と結婚した時メリット1:社会的な信用が高い

弁護士という地位であることで、社会的な信用が高く回りからも信頼されやすい事があります。

弁護士と結婚した時メリット2:弁護士以外の仕事もある

事務所を構えれば、当然弁護士としての収入はあるますが刑事裁判での「国選弁護」や講演会等もあるので収入は安定しやすいことがあげられます。

弁護士と結婚した時メリット3:長期的な休暇も時には取りやすい

スケジュールにもよりますが、刑事事件の弁護以外では調整も取りやすいので長期休暇も比較的作りやすくなります。

弁護士と結婚した時のデメリット

弁護士と結婚した時のデメリット1:多忙である

基本的に弁護士は自由な時間が多いのですが、仕事が出来る弁護士程休みを取れないこともあるようです。
忙しい時と、手が空く差が激しいので「夫のスケジュールに合わせる」のが基本。

弁護士と結婚した時のデメリット2:交流会や飲み会が多い

弁護士会に所属する為に、何かと交流会に出掛けなくてはなりません。
意見交換の大切な場所ですから、これは行かないわけにはいきません。夫だけが参加する交流会だけでなく、お祝いの席には夫婦で出席するので礼儀やマナー、立ち振舞いを身に付けなくてはなりません。妻の恥で仕事が激減することも無いとは言えませんので責任重大です。

弁護士と結婚した時のデメリット2:仕事により人から恨まれる

依頼者の意にそう結果になるとは限らないのが、民法や刑法の世界です。その為に不満が弁護士に向けられる事もあります。

弁護士の出会いと結婚

4feb6c9b69305494e609adf41264f7
弁護士になるには、大学を卒業して国家試験に合格しなくてはいけません。お金も時間もかかりますし、国家試験に受かっても事務所に就職し弁護士としての一歩を踏み出すには並々ならぬ苦労があります。

学生時代に恋人がいる場合「支えてくれた恋人」と就職してから結婚するようです。

辛い期間を耐えて弁護士として花咲くまで、真摯に彼を支えて女性を伴侶に選ぶのは「誠実さ」でもあるようです。
弁護士ともなれば、毎日勉強と激務で異性と出会う時間も作れませんし、暫くは仕事が楽しいので結婚は30代に入ってから考える人もいるようです。

合コンでも人気ですが「肩書き」だけで近寄る人も多いので結婚を意識する事は少ないようです。

仕事柄男女のトラブルもたくさん見ているので、結婚には慎重になる人も多いのが現状です。
実やはり見た目や肩書きよりも「内面」を見て付き合える人を求めるので、それなりの知性や品性が必要でしょう。

弁護士が結婚したい相手になるには

弁護士が結婚したい相手になるには
合コンでも人気のある弁護士ですが、スペックに惹かれてアプローチする人が多いもの。それを掻い潜り「この人となら幸せな家庭を築ける」と思わせるにはどうすれば良いのでしょうか。

多忙である事に理解がある

弁護士事務所には営業時間がありますが、これはお客様向けのもの。
実際には朝方まで事務所で仕事をする弁護士もいます。さすがにこれでは身体を壊しますから、休日も勿論あります。

ですが毎日仕事だけでなく、顧客の接待や勉強会、同僚との飲み会などがあります。決して収入が良いから、仕事以外の飲み会が増えるわけではありません。

これを理解して家庭を守ってくれる「おおらかさと忍耐力」「体調を気づかい毎日仕事に打ち込めるような気遣い」が出来る事が必要です。

相手を癒し支えられる事

仕事上、人と接する事が多いだけでなくプライベートな事にも関わります。
信頼がある仕事ですから、本来は「聞きたくない」事もトラブル解決に耳にしなくてはなりません。

精神的にも肉体的にも疲労が蓄積しやすくストレスも強くなります。家庭には仕事を持ち込まないのが鉄則ですから、いつも笑顔で夫を支えられる優しさが求められます。明るく元気な人は、疲れもふきとばしてくれますから家庭内も毎日笑顔が絶えないでしょう。

聞き上手話上手

人から本心を聞き出して仕事に活かすのが弁護士ですから、名のごとく弁が立ちます。話をする事も好きですから、家庭でも色んな話題で楽しませてくれます。
専門的な話に詳しいより、相手が気分よく話せるような聞き上手な女性が好まれます。

また相手を気分よくさせる為にも、話を盛り上げる話上手な方が良いでしょう。知らない事は素直に「知らないから教えて」と言えば喜んで話をしてくれます。

知性と品性があり穏やかな女性が好き

弁護士は親が弁護士でなくてもなれますが、親の期待も大きいので「本人より両親」の目の方が厳しいこともあります。弁護士会の会食やパーティにも参加するので、マナーや礼儀に配慮できるくらいの品格が求められます。

茶道や華道、書道のどれかはマスターしておくと立ち振舞いにも華があり「女性らしさと品格」があると喜ばれるでしょう。着物の着付けなども高ポイント。

メイクやファッションにお金を掛けるより、習い事に使ってみてはいかがですか。

弁護士と出会って結婚したい!そのためにはするべき3つの方法

弁護士と出会って結婚するためには
もっとも定番は「合コン」です。

一般的な合コンで弁護士が参加する事は少ないので、友人を通して法学部の伝などを利用してください。
看護師やキャビンアテンダントの友人がいる場合、弁護士の参加確率が高いので参加させてもらうと良いですね。友人の伝や先輩に法学部出身の人がいるなら遠慮なく申し出してみましょう。

弁護士は合コンでも人気の職業なので、アプローチ慣れしています。

その為に自分から話し掛けたりする事は少ないので、気さくに話し掛けてみましょう。大人しく、人の話を良く聞いたり回りを観察している人は仕事もバリバリこなす人が多いです。

物静かな弁護士ほど「肩書きだけでなく、本当の自分を見て欲しい」とクールに装っているもの。善悪を判断する職業だからこそ、女性を見る目も養われていくのかも知れません。

異業種交流会に参加してみる

弁護士と出会うなら異業種交流会
自分の職種とは違う人脈と交流する事で、自分のスキルアップに繋げるイベントです。

ビジネス目的から簡単な親睦会を兼ねたものですが、最近では「婚活パーティ」のようなフランクなものが増えているので弁護士で参加する人もいるようです。

男性の参加者が多いのですが、弁護士だけでなく色んな職種の人がいますので広い目で婚活するには便利だとは思います。

婚活パーティ

弁護士と出会うなら婚活パーティ
タイミングが合えば、婚活パーティに弁護士が参加することもあります。

できれば、ハイスペックな職種の婚活パーティに参加しましょう。企業側も、職種限定やハイスペックな年収の男性をウリに出した婚活パーティの方が人が集まりますからどんどん開催します。出来れば実績があり、本人確認等も実施している会社がベストです。


ズバット 結婚サービス比較

本気で弁護士と結婚したいなら結婚相談所で弁護士と出会う

本気で弁護士と結婚したいなら結婚相談所で弁護士と出会う
結婚相談所は「本気で結婚したい」人がたくさん登録しています。

弁護士で仕事ができる人ほど、時間が無く異性と出会うチャンスがありません。

そうなると、合コンや婚活パーティで「高収入」「肩書」が目当てでアプローチしてくる女性の中から選ぶよりも、信頼度の高い結婚相談所の方が「相手が良く分かる」から最適と考える人もたくさんいます。

会員制に結婚相談所では、個人の価値観や性格なども分かりやすいので弁護士から見ても「安定感がある」と考えられています。

仕事も安定して、本格的に家庭を持ちたいと考えていますから前向きに結婚を視野に入れています。