自衛隊と結婚したい方必見!出会い〜結婚するまでの方法

自衛隊

「結婚したいのに結婚できない」「どうすれば結婚できるのかわからない」といった人が増える中、結婚したいと思うパートナーと出会うためには何かしらのアクションを起こさなければならない時代になりつつあります。

結婚するために婚活つまり結婚にむけての活動をしている人も、相手が誰でもよいというわけではなく、相手として選ぶ基準があります。
その基準の一つが「職業」です。
将来夫婦として一緒に生活していくのであれば、見た目や性格はもちろんのこと職業についてもこだわりたいと思うのは当然のことでしょう。
ここでは、「自衛隊」と結婚するために知っておきたいポイントについてご紹介します。

自衛隊という職業

自衛隊は公務員

自衛隊というと、何となく「大変そうな仕事」や「肉体的に厳しい仕事」といったイメージがありますが、最大の魅力は国家公務員であるという点ではないでしょうか。

晩婚化や非婚化が進む中、相手の職業に安定を求める傾向にあることからも、国家公務員であり安定しているという意味では、結婚相手として人気のある職業となりつつあります。
給与面だけでなく福利厚生や社会保障制度が充実していることも強みといえるでしょう。

近年、自衛隊員が注目されるようになった理由の一つが「東日本大震災」です。
復興支援に力を入れる姿や、被災者の方々に優しく接する姿を見て「心強さ」を覚えたという方も少なくないのではないでしょうか。

自衛隊の仕事

自衛隊は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

  • 陸上自衛隊
  • 海上自衛隊
  • 航空自衛隊

同じ自衛隊であっても、仕事内容や勤務地は異なります。

もちろん、自衛隊員と結婚することはメリットだけではなく厳しい仕事であることや国内外を問わない危険な任務にあたる可能性もあるということも知っておく必要があります。

知られていない「自衛隊」

あまり知られていない点としては自衛隊には転勤がつきものだということです。一般的には5~6年に一度、さらに幹部クラスとなると1~2年に1度は転勤があります。
そのため、自衛隊員との結婚後は転勤族となることを覚悟しておくことをオススメします。

自衛隊員が人気の理由

自衛隊員が、結婚相手として注目されるようになったことには自衛隊員の性格や傾向が関係しています。
まず自衛隊員は、心身ともにたくましさがあります。近年、うつ病や心的ストレスで仕事を続けられなくなる人が増える中で、自衛隊員は日々の厳しい訓練に耐える心と身体を持ち合わせています。
「この人であれば何があっても大丈夫」という安心を感じることができます。

また、礼儀や感謝の心を持ち合わせている点も現代の女性から高い評価を得ている理由でしょう。掃除や洗濯、料理など最低限、自分の生活に必要なことは何でもできるからこそ、相手がしてくれたことに対して感謝の心をもつということは、当たり前のようで実は当たり前ではなく、女性にとっては魅力として映るのではないでしょうか。

結婚相手としてのデメリット

どんな職業でも同様ですが、メリットだけではありません。
自衛隊員と結婚することのデメリットは何といっても仕事がハードかつ危険である可能性があるということです。
場合によっては、数日間もしくは何週間も帰ってくることができないことも考えられます。
勤務中や訓練中は家族への連絡すらできないこともあるので、結婚するのであればそういった点も理解し、支える必要があります。

自衛隊員の妻に向いている女性

上記にもあげたように、自衛隊員は、一般的な職業とは違い、毎日夜になれば帰宅し顔を合わせることができない可能性がある職業です。そのため、自衛隊員を結婚相手として選ぶのであれば「毎日顔を合わせなくても寂しさを感じない」「頻繁に連絡を取り合わなくてもよい」タイプの女性が向いているといえます。
自分にも仕事がある、相手がいない時間を自分の時間として過ごすことができるなどといったように、精神的に自立しているのであれば、たとえ数日、数週間パートナーが家を空けていても寂しさを感じずに過ごすことができるのではないでしょうか。

自衛隊員と出会い

自衛隊との婚活パーティー

自衛隊員の方々は、普段の生活の中ではあまり出会いのチャンスがないといわれています。
というのも、自衛隊は男社会で、女性はほとんどいません。そのため、一般的な企業や職場でありがちな職場での出会いは期待できません。

もちろん、寄宿学校や基地近くでの出会いや合コンなどで出会うことも全くないわけではありませんが、結婚したいと思う人は結婚相談所や結婚情報サイトを利用しています。
自衛隊員の人と出会いたい、結婚したいと思うのであれば、結婚相談所や結婚情報サイトを利用することがコツといえます。

自衛隊員との婚活パーティー

自衛隊員に憧れる、結婚相手として希望する女性が増えたこともあり、近年自衛隊員と一般女性を対象とした婚活パーティーが各地で行われています。
中には、大手結婚相談所や企業・団体などが企画し人気が集まっているものもあり、定員オーバーとなることも…。

日常的に自衛隊員の方との出会いや話すチャンスはあまりないため、私たちが知らない世界や専門用語を教えてもらったり…と、パーティー中の会話は非常に盛り上がりを見せています。
そもそもお互いの理解度が高いため、見事結婚するカップルもみられます。一度自衛隊員と話してみたい!という方は一度参加してみてはいかがでしょうか。

結婚情報サイトの利用

数ある結婚情報サイトの中には、自衛隊員に限定して相手を探すことができたり、自衛隊員が多数登録しているサイトもあります。
中には、自衛隊とタイアップされた企画が開催されていることもあるので、出会いのチャンスを得ることができるでしょう。

基地や訓練所がある地域にお住まいの方であれば、自衛隊員が参加しやすいこともあり、多くの出会いに期待ができるでしょう。

自衛隊プレミアムブライダルとは

自衛隊プレミアム

結婚相談所や結婚情報サイトが増える中で、職業を絞って結婚相手を探すことを目的とした業者も増えています。
「この職業の人と結婚したい」と思っているのであれば、最初から厳選した活動をした方が出会いのチャンスも高まります。
その一つに、自衛隊員との出会いの場として「自衛隊プレミアムブライダル」があります。
ここからは、「自衛隊プレミアムブライダル」の魅力をご紹介します。

 「自衛隊プレミアムブライダル」とは

自衛隊プレミアムブライダルとは、自衛隊員に限定して結婚相手紹介サービスを行うという業界唯一の結婚情報サイトです。
男性は30代・40代の自衛隊員に限定し、ただ出会うだけでなく結婚したいという気持ちを持つ男性との出会いのチャンスがあります。女性は、あらかじめ登録した写真で審査を通過した方のみなので、男性側としても安心して利用することができるよう考えられています。

他の婚活との違い

自衛隊員との出会いは、上記にもあげたように婚活パーティーが主流ですが、20代を対象として企画されているものが多いのが現状です。
もちろん、同じ20代の女性にとっては問題なく参加することができますが、30代・40代の女性にとっては歳が離れていることで参加しづらい雰囲気やチャンスを掴むことができないといった声も多くあります。
その点、自衛隊プレミアムブライダルは、30代・40代の自衛隊員限定であることから、女性も自分の年齢を気にすることなく自由にパートナーとの出会いを探すことができます。
また、一度のお見合いでよい結果が出なかったとしても、すぐに次の出会いがある点も本気で結婚したいと思う人にとっては魅力といえるでしょう。

出会いから結婚までの流れ

自衛隊プレミアムブライダルでは、あらかじめ登録した情報をもとに毎月5名自衛隊員を自動的に紹介されるシステムが導入されています。
写真やプロフィールをみて「会ってみたい」と思った人にアプローチし、相手が承諾した場合はお見合いが実施されます。

事務局のスタッフが介入するので、異性とのお付き合いがあまり得意ではないという方でも安心して利用することができる点が強みといえます。

知り尽くした安心できるスタッフの存在

自衛隊プレミアムブライダルに在籍しているスタッフは、自衛隊に特化していることもあり、自衛隊の男性を知り尽くしたスタッフたちです。
そのため、男性・女性を問わず心配なことや不安なことなどは何でも話すことができます。
話せる相手がいることは、婚活を進める中で重要なポイントであり、それによって結婚に踏み切れるかどうかが変わってくるといっても過言ではありません。
特に自衛隊という特殊な仕事だからこそ、不安はつきもの。自衛隊プレミアムブライダルではそんな不安な気持ちを後押ししてくれる心強いサポート体制が整っている点も魅力ですね。

多種多様なイベント

お見合いといった形だけでなく、多種多様なイベントも開催されています。
100人という大規模なパーティーや5名程度の合コン形式の飲み会、女性の職業を限定したイベントまで全国各地で幅広く行われているので、さまざまな出会いのチャンスがあります。
婚活に必要なのは、自分に合った活動をすることであり、違ったジャンルのイベントに参加することで、自分の違った一面が見えるかもしれません。
それも婚活の醍醐味といえるのではないでしょうか?

自衛隊員と結婚したい!あなたへ

自衛隊員は、今や女性からの人気が高い職業の一つです。そのため、婚活市場では競争率も高く、結婚することはもちろんのこと、気になる相手と出会うことも難易度が高いといえます。

しかし、女性と同様、結婚したいと考えている自衛隊員が多くいることもまた事実です。
結婚するなら自衛隊員がいい!と考えている方は、早めに行動することをおすすめします。
素敵な出会いがありますように…。