街コンの失敗例にはどんなものがある?街コンでミスをしないための秘訣

街コンの失敗例を事前に知っておけば、街コンに参加をした時に失敗する確率が少なくなります。では街コンではどのような失敗例があるのでしょうか。一緒に見ていきましょう。

 

街コンの失敗例でよくあるもの

shutterstock_418223506街コンの失敗例として、皆がよくしてしまいがちなものがあります。なぜそのような失敗をしてしまうのかも、考えていきましょう。

 

人が多すぎて特定の人を見つけられなかった

人にたくさん出会えるのが街コンのメリットでもあります。でもそのせいで「この人!」と思うような人に出会えない場合も。人が多すぎると人酔いをしてしまう可能性もあります。人に酔ってしまい、自分らしさを出している余裕が無くなってしまう時も。

こういう時には、一度深呼吸をして落ち着くようにしましょう。緊張しやすいタイプの人は、話しやすそうな人に事前に「緊張しやすい性格なんです」と伝えておくと、安心感があります。

人が多いことにより圧倒されてしまう気持ちもあるかもしれませんが、出来れば街コンに慣れておきましょう。いずれ婚活パーティーに参加をする時に人慣れしている方が有利に動けるのです。

 

食べて飲んでばかりいて男性と話しそびれた

食事が出来るのは街コンの良さと言えるでしょう。でもつい美味しくて食べて飲んでいるうちに、時間が経過してしまうようなことも少なくありません。もう少し時間があるだろうと思い飲食の方に気を取られてしまうと、いつの間にか時間が経ってしまうのです。

街コンでは、飲食をしながら気に入った相手と話すのがベスト。まずは気に入る相手を探してから飲食をするようにしてみましょう。女性があまり真剣に食べて飲んでいる姿を男性が見ると、話しかけにくい場合もあるかもしれませんので気を付けましょう。

 

街コンでどう振る舞っていいか分からなかった

初めての街コンの場合は、どう振る舞えば良いのか分からないような時もあります。実際に不安なので友達と参加をする人もいるでしょう。

 

街コンも婚活パーティーも一人参加の方がモテやすいのです

異性が話しかけやすくなるため。(婚活アドバイザー)

街コンで自分らしく振る舞うことが出来ずに、緊張して話し過ぎてしまったり、落ち着かない態度を取ったりする人は少なくありません。どうしても高揚してしまうのが原因でしょう。

でも緊張して頭がボーッとしてしまったとしても、自分自身を客観視してコントロール出来るように心がけましょう。慣れない場所だからこそ、落ち着いてゆったりと全体を見る余裕が必要。

自分の今いる場所や環境を受け入れるようにしてみましょう。これが出来れば街コンは楽しい出会の場所になるかもしれません。

 

街コンで失敗しやすいタイプの女性

shutterstock_492008305街コンで失敗しやすい女性はどのようなタイプなのでしょうか。このタイプの女性にならないようにすれば、街コンで良い印象を与えられるはず。

 

街コン慣れしている女性

街コン慣れしているところは、出来ればあまり見せない方が良いでしょう。街コンで失敗しやすくなってしまうのです。「街コンには良く来るの?」と男性から聞かれた場合には、本当はそれまでに何回も来ていたとしても「2回目です」と言っておいた方が良いでしょう。

街コン参加が初めてではないのは、しばらくやりとりをしていれば男性も分かるはずです。でも2回目くらいなら「まだあまり慣れていない真面目な女性だな」と男性から思われるのです。

 

あまり多い回数を言うと「軽い女性」「遊んでいる女性」と思われてしまう可能性がありますので、嘘も方便だと思い婚活慣れしていないフリをしましょう(婚活アドバイザー)

 

理想を高く持ち過ぎる女性

自分で自分の理想を高くしてハードルを上げるタイプの女性がいます。街コンに行けば行くほど「もっといい人がいるのでは」とどんどんハードルが上がっていく場合も。

理想を高く持ち過ぎるような女性は、なかなか自分の理想の相手と出会いにくくなります。結果として「今回の街コンもハズレだった…」と残念に思うようになるでしょう。

理想をある程度持つのは重要です。でもその理想が高すぎると結局は自分で自分を苦しめてしまう場合もありますので、ある程度の理想にしておいて柔軟性を持った方が婚活はうまくいきやすくなるでしょう。

 

自分にとって「これは譲れない!」と結婚相手に対して思う内容について

見つめ直すことが必要です。(婚活アドバイザー)

 

街コンなら結婚相手に出会える!と思う女性

街コンならたくさんの男性が来るから、絶対に結婚相手に出会える!と思う女性もいます。でも街コンには出会いは求めていても、結婚相手までは求めていない人も多く来るもの。

こちらが結婚に対して願望が強くても、相手と温度差が発生してしまう可能性があるのです。

街コンなら結婚相手に出会える!と意気込んで参加をしたのにショックを受けるのは、とても辛いもの。街コンは出会いの場ではありますが、結婚相手を探す場とは言い難いのが現実だと理解しておくようにしましょう。

 

街コンの失敗例を活かせる女性

shutterstock_388717690街コンの失敗は決して無駄なものではありません。街コンで失敗したからこそ学んだ内容もあるはずです。では街コンで失敗をした人はどのようなことを学べるのでしょうか。

 

街コンは合コンよりは出会えると分かった女性

街コンは合コンと違って、この場所が気に入らないと思えば場所を変えるのも可能です。参加をする人数も多いので、合コンよりは理想の相手と出会えるでしょう。

といっても、合コンで出会って結婚をしたという女性には、あまり会ったことが無いですよね。合コンは楽しくはしゃぐ場所というイメージが強いので、出会えるかもしれませんが合コンの場だけ楽しんで終わるような関係が多いのです。

本気で婚活をするのなら、合コンはあまり良い場所とは言えないでしょう。

 

街コンよりも出会える場所を見つけたと思った女性

街コンよりも結婚をちゃんと意識しているような男性に出会えるのは、婚活パーティーです。婚活パーティーには結婚を前提として参加をしている人が多いでしょう。

街コンに参加をしてみて「結婚に対して具体的な話が全然出てこない…」と思った女性も多いはず。実際に街コンでは結婚に対して淡い期待や夢を抱いている人しか来ない場合が多いのです。

街コンで失敗をしたからこそ、自分の求めているものに気が付いた女性もいるでしょう。そういう意味でも一度は街コンに参加をしてみてみるのも、自分の経験値アップのためには良いかもしれません。

 

自分の結婚願望に気が付いた女性

今までは、なんとなくしていた婚活。でも街コンに参加をしてみて「もっと結婚についてしっかり考えたいな…」と思う自分がいたのではないでしょうか。

本当はもっとちゃんと婚活がしたい、手っ取り早く街コンに参加をしたけれど、ここは何度も来るような場所ではない!と自分で気が付く場合も。自分の結婚願望に気が付かせてくれただけでも、街コンに参加する意味はあったでしょう。

 

様々な婚活を試すのも必要!

世の中には様々な婚活の方法があります。その中でどれが自分に合うのかは、頭の中で考えて色々と考えているよりも、実際に行動をしてみないと分からないものなのです。

行動をしてみることにより、自分に本当に合うのは婚活パーティーかもしれない!と気が付き、婚活パーティーに参加をして素敵な人に出会えるケースも。

 

 最初は婚活を楽しみながらでも、いつしかとても真剣になり自分自身の心の中も見えてくる場合も多いのではないでしょうか。(婚活アドバイザー)